認定農業者になる

農業者が支援や給付金を効率的に活用するには認定農業者となることでその幅が広がり経営改善を円滑に出来るようになります。

以下北海道のHPより引用

認定農業者制度とは、農業経営基盤強化促進法に基づき、意欲ある農業者が自らの経営を計画的に改善するために作成した「農業経営改善計画」(5年後の経営目標)を市町村が認定し、その計画達成に向けた取組を関係機関・団体が支援する仕組みです。
 「農業経営改善計画」の認定を受けた農業者を、認定農業者と言います。

この認定農業者になることで農林水産省の青年就農給付金制度などを利用することができます。

認定を受けるには「農業経営改善計画認定申請書様式」に記入して市町村へ提出して認定を受けます。

農業経営改善計画とは経営改善の目標を決めて5年後を目指した計画です。

認定農業者になれる方は個人、法人、性別、規模、営農類形など問いません。基準は意欲的に取り組む方であって市町村の基本構想に適切であり達成可能な計画でなければなりません。

認定を受けることにより認定農業者向けの支援や優遇措置などを利用できます。

*これは公的な資金などを利用する場合に必要であり、農業者がすべて認定農業者にならなければいけないと言うものではありません。個人でのんびり畑を耕してゆったり暮らすという方には無用です。
*最新の情報は各関係機関にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です